メニュー

耳管機能検査について

耳管機能検査について

耳管機能検査は、耳と喉をつなぐ通路である耳管の開閉機能が正常に動作しているかを確認するための検査です。耳管は普段閉じており、嚥下(飲み込むこと)やあくびをしたときに一時的に開いて、中耳と外部の気圧を均等に調整します。この機能がうまく働かないと、耳の不快感、聞こえにくさ、耳鳴りなどの症状が生じることがあります。

ここでは、耳管とその機能についての理解をしていただけるような情報を提供をし、少しでも耳の健康にお役に立てればと思います。

 

耳管機能の重要性

耳管は内耳の気圧を外部環境の圧力と均等に保つ役割を果たします。正常に機能しない場合、耳鳴り、耳の不快感、さらには聞こえにくさなどの症状を引き起こす可能性があります。

 

耳管の不具合が引き起こす疾患

耳管が正常に機能しないと、耳管狭窄症や耳管開放症などの疾患が発生することがあります。これらの状態は、聞こえに影響を与え、時には慢性的な症状につながることがあります。

 

耳管狭窄症

耳管狭窄症は、耳管が狭まり、開くことが困難になる状態を指します。これにより、耳の圧が均等に保たれず、耳詰まりや聞こえにくさを感じることがあります。

 

耳管開放症

耳管開放症は、耳管が常に開いた状態になる病態で、これにより不快な耳鳴りや自分の呼吸音や声が異常に大きく聞こえるなどの症状が発生します。

 

耳管機能検査の流れ

耳管機能検査は、耳と鼻に装置を装着し、嚥下やあくびをすることで耳管が適切に開いているかを測定する検査です。この検査により、耳管の機能障害が診断されます。

 

耳管機能検査の結果

検査結果は、耳管の開閉機能を示す波形で評価され、正常な波形と比較して異常がある場合は耳管機能障害の存在を示唆します。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME